T's Cafe

小さな私の体験が、もしかしたら大きなヒントになる・・・かもしれません。前は学校の先生、今は自適のご隠居とおしゃべりしましょ。

「有り難し」という、言葉の意味は・・・「枕草子」ありがたきもの その1

 こんにちは。

 T・たまもです。

 枕草子は、清少納言(せいしょうなごん)が書いた、日本三大随筆のひとつ。

 今回は、ものづくしのジャンルから、「ありがたきもの」を取りあげましょう。

 「有り難し」という、現代は「感謝」が第一義の古語。

 古語としては、「めったにない」というのが第一義。

 つかみからして楽しい。

 そして、列挙されている「ありがたきもの」も、「あるある」なものばかり。

 1000年前に書かれたとは思えない。

 というより、1000年前も現代も、人は変わらないと言うことでしょうか。

 短いので、本文もいっしょに見てみましょうか。

 

 ありがたきもの。

 舅(しゅうと)にほめらるる婿。

 また、姑(しゅうとめ)に思はるる嫁の君。


 妻の父親、夫の母親は、婿さん嫁さんにとって鬼門。

 令和の世にして、嫁姑問題は相変わらずですからね。

 でも、「上手くいっている」人たちもいないわけではない、絶妙の選択。

 

 毛のよく抜くる銀(しろかね)の毛抜き。

 

 毛抜きは、銀はやわらかいので鉄よりつかみが甘くなるのだそうです。

 鉄は逆に錆が出やすいですよね。

 現代ではステンレスという技術のおかげで錆びない、先端のあわせもきっちりしているものが多いので、ちょっとイメージが湧きにくい。

 この、毛抜きだけは人間、または人間の行動ではないモノが選ばれています。

 よほど清少納言にとって、「良く抜ける毛抜き」は大事な問題だったのでしょう。

 と、私が言うと、

「先生、それは大事です」

 と女子生徒は真面目な顔をします。

「眉毛を抜くのは痛いから、しっかりつかめるのはすっごく大事!」

 なんだそうです。

 おしゃれ男子もうなずいています。

 そういえば、私も、刃先がちゃんと閉じなくて、切れ味の悪いハサミにイライラしてます。

 ステンレスだろうと現代だろうと変わらないのかも。

 ちなみに、本文の「抜くる」は、自動詞の「抜く」の連体形、カ行下二段活用です。

 他動詞の「抜く」は、か行五段活用。

 別の単語です。

 つづく。