T's Cafe

小さな私の体験が、もしかしたら大きなヒントになる・・・かもしれません。前は学校の先生、今は自適のご隠居とおしゃべりしましょ。

「学校の怪談」を原案にして・・・ シナリオを作ろう その2

 こんにちは。

 T・たまもです。

 昨日の続き、シナリオ作成指導です。

 トレーニングをしたあとは、作品として、まとまったシナリオを作成します。

 もちろんこれは、上演を前提としたシナリオではありません。

 ですから、場面設定や登場人物の数などに制限はなし。

 といっても、原案は用意します。

 全員が同じ原案でシナリオを作るというのも、面白いと思います。

 私は、「学校の怪談」から、一人にひとつずつ、お話を与えました。 

 話を作るのが目的ではなく、シナリオを作るのが目的だったからです。

 たとえば、

「だれもいないはずの夜中の学校で、体育館からバスケットボールをしている音がする」

 という怪談であれば、登場人物と音の正体は自由に設定しシナリオを作ります。

 怪談でなくなってもOK。

 登場人物は何人でも良いとはいうものの書かき分けが大変なので、4~5人までにしておく方が無難でしょう。

 生徒の作品のなかで印象に残っているのは、

「未来の話が書いてある新聞が届く」話です。

 大方の生徒が原案に忠実に、話をふくらませている作品を作るなかで、その生徒はかなり大胆に話を脚色し、学校の怪談というよりも社会派のドラマになっていました。

 

おまけ。

 上演を前提とした脚本の作成指導も、文化祭の劇で何度か、したことがあります。

 高校生というのは、まあ私もそうでしたが、原作があれば

「会話に直すくらいなら出来る」

 と思っちゃうのよね。

 映画なんかなら、セリフの字幕が出るし。

 しかし。

 2時間の映画を1時間に切り詰め、

しかも舞台を作れるように場所や人数を設定し、

素人の役者でも覚えられるようにセリフを作る、

 というのは実は結構難しい。

 さらに、無名な作品だと、観客に、セリフを聴いただけで話がわかるようにしなくてはなりません。

 完全なオリジナル作品も一度ありましたが、何度かやりとりをして推敲を重ね、テーマを表すセリフを通奏低音のように繰り返し登場させました。

 作者はよくがんばったと思います。

 ただ、練習するうちに役者たちが勝手に設定を変えてしまいました。

 それだけが、作者側の人間としては残念でしたけどね。

 文化祭については、またの機会に。

おしゃべりを記録してみたら・・・ シナリオを作ろう その1

 こんにちは。

 T・たまもです。

 今回は、先週の戯曲のお話つながりで、授業でシナリオ作成指導をしたときのことを書きます。

 シナリオ(脚本)は会話で成り立っているので、作品作りに入る前にまずはトレーニング。

 二人ひと組になって「おしゃべり」を記録します。

 といっても、録音して書き起こすのではなく、「筆談」です。

 会話文を作る練習です。


「話題は何でもいいですか」
「くだらなすぎても発表のしがいがありませんから、お題を出しましょう」
 お題は

「昨夜の晩ご飯」

「お気に入りファッション」

「マイブーム」などが定番。
 インタビューではないので、双方がそれぞれある程度しゃべる必要があります。

 出来れば、それぞれの話が発展して終わりたいところですが、限られた時間内ですので、あまり要求はしません。

 次に「架空の会談」を作ります。

 今度は一人で、二役ないし三役の会話を作ります。
というと、生徒は

「どういう設定で?」

と、結構とまどいますのでヒントを与えます。

「あなたと、お友だちとの会話でも良いです。

ドラえもんのび太の会話でも良いですよ。(こういうと笑いが起きたものです)

 3人でもOK。

 会話する人たちの情報をあなたがよく知っていれば。

 たとえば織田信長徳川家康豊臣秀吉の会話でもよろしい」

 人間でなくても、野菜同士の会話とかも面白そうですね。

 話題は、今度は自由。

 「でも、キャラクター設定を生かした話題にするように」

とだけ指示します。

 これは、要するに一人で複数の人物を書き分ける練習です。

 つづく。

屋根より高いといえば・・・ おやつの時間

f:id:ttamamo:20210504193144j:plain

 こんにちは。

 T・たまもです。

 明日は端午の節句
 鯉のぼりをあげる家庭も、最近では少なくなりました。

 この「のぼり」は、幟、ですね。

 まあ、幼い男の子がいる一軒家のお宅が少ないせいもありましょう。

 この鯉たちは、中国は龍門山、黄河中流にあるという三段の大きな滝を登っていくのだそうです。

 金隣はつらつとした元気な鯉が、滝を登り切ったとき、晴れて龍に成ることができるのです。

 碧巌録という禅宗の語録に、

「三級浪高くして魚龍と化す」

 という語があります。

 困難を乗り越えて、悟りを得るという意なのだそうな。

 励ましの言葉、はなむけの言葉にふさわしいですね。

 ちなみに、この三段の滝は夏王朝の始祖・禹が治水により作ったものだそうです。

 

さて、写真の鯉は、ようかんの上に練りきりで鯉をかたどってあります。

 まるで錦鯉のような華やかさ。

 ウロコが難しかったんです。

 龍になったとき、どういう色になるのでしょうね。

舞台ならではの脚本とは・・・ 戯曲 その2

 こんにちは。

 T・たまもです。

 昨日、高校生のとき、お芝居の台本を初めて書いた話をしました。

 私自身は当時、舞台の芝居の脚本も、テレビの脚本も。同じようなものだと無意識に思っていたんですね。

 「舞台ならではの脚本」

という意識が欠落していたのです。

 映画やテレビのように、あとで編集出来るものは、登場人物が多かろうが、舞台となる場所がいくつあろうが、時間はかかるでしょうが撮影することが出来ます。

 でも、舞台はそうはいきません。

 たとえば、東京駅とマンションの部屋と山の中が交互に出てくる場面だと、舞台ではそのたびにセットをし直さなくてはなりません。

 文化祭の劇では絶対無理。

 もちろん、お能みたいにセリフだけで「場所が変わったつもり」にすることも可能でしょうが、限界があります。

 というわけで、私がお芝居の脚本を書くときには

「場面転換をいかに少なくしてそれらしさを出すか」

が最初の条件となったのです。

 もっとも、その後上演した脚本は、一本しかありませんけどね。

 それは、舞台に最初から二つの場所を作っておき、役者がどちらにいるかで「今の場所」が決まる、そんな舞台の造りにしました。

 部屋の中だけで話が進むので、場所が変わっても、セリフだけで暗示し、部屋の造りはそのまま。

 演劇部の劇でしたが、部員が少ないこともあり、ストイックな内容にふさわしい舞台になったと思います。

 前置きが長くなりました。

 次回は実際の授業のお話をば。

初めてお芝居の台本を書いたのは・・・ 戯曲 その1

 こんにちは。

 T・たまもです。

 昨日は春のちくちくまつりに夢中になって、更新し忘れました。

 今週は久々に創作活動を取りあげたいと思います。

 

 戯曲というと、上演を前提としない文学上の分類のひとつです。

 脚本というと、舞台や映画やテレビドラマの感じ。

 台本というと、ストーリー以外の、たとえばコントとかバラエティとかも含む感じがします。

 シェイクスピア三谷幸喜にははるかに及ばずとも、どうせ書くならやっぱり上演したい。

 舞台でもテレビでも。

 と、欲が出てしまうのが素人の恐ろしさ。

 テレビドラマなど見ていると、

 「会話だけじゃん、これなら自分にも書けそう」

と思いませんか。

 私はそうでした。

 

 初めてお芝居の台本を書いたのは高校生のとき。

 文化祭で上演する劇の台本です。

 オリジナルではなく、「偽原始人」という長編小説を、そうですね、40分くらいの脚本にしたのではなかったでしょうか。

 何しろ初めてだし、プロの作品をリライトするのですから、原作はなるべく生かしたくて、いろいろなエピソードを細切れにしてぶち込んだ気がします。

 思ったより長くなってしまって、役者から「セリフが多い!」と嘆かれた気もする。

 幸いだったのは登場人物がそんなに多くなくて、役者の決定が早めに出来たところでしょうか。

 文化祭後、ある先生に、

「やっぱりテレビドラマの影響かなあ、場面転換が多すぎて残念だった」

と言われました。

 「暗転の場面転換が多いと、観客の集中力が切れてしまう」

というようなことをおっしゃっていて、

「あ、そうか」

と腑に落ちた気がしました。

 つづく。

みつまめにあんこをのせると・・・ おやつの時間

f:id:ttamamo:20210427214330j:plain

あんみつ

 こんにちは。

 T・たまもです。

 先日、緊急事態宣言が出る寸前に、都心に出る機会がありました。

 さんざ歩いてから、寄ったのは甘味屋さん。

 久しぶりに、みはしであんみつを食べました。

 みつばちと迷ったのですが、ルート的にみはしが近かったの。

 すごくすいていました。

 やっぱりコロナのせいなのかしら。

 

 みつまめの美味しさを決めているのは、やっぱり寒天だろうと思います。

 こんな味も素っ気もないゼリーが、なんでエンドウ豆や黒蜜やあんこと出会うとこんなに美味しいのでしょう。

 でも、良く味わうと寒天の味と歯ごたえは美味しいものは美味しいのです。

(なんのこっちゃ)

 まるで、個性豊かな人々をまとめる、良く出来た人格者のように。

あきらめない努力は大切なのだけれど 「コンコルドの誤り」その3

 こんにちは。

 T・たまもです。

 今週は「コンコルドの誤り」という評論を取りあげています。

 昨日は、「過去の投資がもったいなくて、損切りできずに投資を続けてしまう状態」についてお話ししました。

 生物は「現在」と「現在の行動で起きる未来」しかないのだけれど、人間にはそれ以外に「過去の行動が起こすはずだった未来」が加わるから厄介なことになるのですね。

 もちろん、「あきらめない」努力は人間にとってはとても大切なことなのですが。

 オスが無視されても無視されてもがんばって同じメスに貢ぎ続けるのを、人間と同じに考えてはいけないと筆者はクギを刺します。

 かれらは「今までの努力を無駄にしないために」あきらめないのではなく、何かしらの「見通し」があるか、もしくは「他にオプションがない」からと考えるべきだ、と。

 人間は「歴史」や「文化」(つまり過去の遺産)を持っているゆえに、将来性がないとわかっても過去の手段、過去の思考、(つまり過去の投資)を捨てることがなかなか出来ない。

 筆者は

「誤った作戦でたくさんの兵が死んだのに、それらの死を無駄に出来ないと誤った作戦を続ける」、

「科学者が自分の過去の理論を打ち崩す斬新な仮説を受け入れられない」

という例をあげています。

 「コンコルドの誤り」は、人間特有の誤りです。

 というのが結論なのですが、なぜ人間がそのような誤りを犯すのか、その思考形態の謎を次の課題として文章は終わります。

 

 最後に作文など書かせると、面白い例が出たりします。