T's Cafe

小さな私の体験が、もしかしたら大きなヒントになる・・・かもしれません。前は学校の先生、今は自適のご隠居とおしゃべりしましょ。

この人は完璧そう、と思っても、つきあいが長くなると・・・「枕草子」ありがたきもの その2

 こんにちは。

 T・たまもです。

 「枕草子」から、「ありがたきもの(めったにないもの)」を取りあげています。

 今日は、3番目の「ありがたきもの」から。

 本文から行きましょう。

 

 主そしらぬ従者(ずさ)。

 

 主人の悪口を言わない家来、というのも、「主人」を上司や先輩に置き換えるととてもウケます。

 私が良く引き合いに出していたのが、「校長先生」。

「どんなにいい人でも、尊敬出来る人でも、やっぱりときたま「人が良すぎるのよね」くらいは私も言うわ」

 ニヤニヤする生徒たち。

「と聞いて笑っているキミたちも、先輩の悪口言ったことがあるでしょう」

と言うと、そっぽを向く生徒たち。

「言いませんよ~」

「先輩の前ではね~」

 清少納言も、中宮定子の悪口を言ったことがあるのかしら。

 それとも、めったにいない「従者」だったのかしら。

 

つゆのくせなき。

かたち、心ありさま、すぐれ、世にふるほど、いささかの疵(きず)なき。


 クセの全くない人、欠点のない人がめったにいないというのも、リアル感があります。

 この人は完璧そう、と思っても、つきあいが長くなると見えてきますよね。

 天然の宝石のような人がめったにいないのなら、努力して欠点を克服した人も、めったにいないはず。


おなじ所に住む人の、かたみに恥ぢかはし、いささかのひまなく用意したりと思ふが、つひに見へぬこそかたけれ。


 当時の宮仕えは住み込みですから、24時間勤務。

 サービス残業も休日勤務も、何だったら夜中に呼び出しもしょっちゅうあったでしょう。

 封建社会では身分の高い人の命令は絶対です。

 対同僚、対主人、どんなに努力してパーフェクトであろうとしても、月日が経つうちにほころびが出てくるでしょう。

 それは、気が緩む、ということでもあるし、気を許す、ということでもあります。

 現代と変わりませんね。

 つづく。

 

「有り難し」という、言葉の意味は・・・「枕草子」ありがたきもの その1

 こんにちは。

 T・たまもです。

 枕草子は、清少納言(せいしょうなごん)が書いた、日本三大随筆のひとつ。

 今回は、ものづくしのジャンルから、「ありがたきもの」を取りあげましょう。

 「有り難し」という、現代は「感謝」が第一義の古語。

 古語としては、「めったにない」というのが第一義。

 つかみからして楽しい。

 そして、列挙されている「ありがたきもの」も、「あるある」なものばかり。

 1000年前に書かれたとは思えない。

 というより、1000年前も現代も、人は変わらないと言うことでしょうか。

 短いので、本文もいっしょに見てみましょうか。

 

 ありがたきもの。

 舅(しゅうと)にほめらるる婿。

 また、姑(しゅうとめ)に思はるる嫁の君。


 妻の父親、夫の母親は、婿さん嫁さんにとって鬼門。

 令和の世にして、嫁姑問題は相変わらずですからね。

 でも、「上手くいっている」人たちもいないわけではない、絶妙の選択。

 

 毛のよく抜くる銀(しろかね)の毛抜き。

 

 毛抜きは、銀はやわらかいので鉄よりつかみが甘くなるのだそうです。

 鉄は逆に錆が出やすいですよね。

 現代ではステンレスという技術のおかげで錆びない、先端のあわせもきっちりしているものが多いので、ちょっとイメージが湧きにくい。

 この、毛抜きだけは人間、または人間の行動ではないモノが選ばれています。

 よほど清少納言にとって、「良く抜ける毛抜き」は大事な問題だったのでしょう。

 と、私が言うと、

「先生、それは大事です」

 と女子生徒は真面目な顔をします。

「眉毛を抜くのは痛いから、しっかりつかめるのはすっごく大事!」

 なんだそうです。

 おしゃれ男子もうなずいています。

 そういえば、私も、刃先がちゃんと閉じなくて、切れ味の悪いハサミにイライラしてます。

 ステンレスだろうと現代だろうと変わらないのかも。

 ちなみに、本文の「抜くる」は、自動詞の「抜く」の連体形、カ行下二段活用です。

 他動詞の「抜く」は、か行五段活用。

 別の単語です。

 つづく。

初めてこの子の写真を見た時は・・・読書の時間「スケボーに乗った天使」

 こんにちは。 

 T・たまもです。

 今日ご紹介する本はドキュメンタリー。

 

浜田幸「スケボーに乗った天使」ダイナミックセラーズ

 

 下半身を切断した少年、ケニー・イースタディさんのお話です。

 初めてこの子の写真を見た時はショックでした。

 どう反応していいのかわからない、という方が正確かもしれません。

 いかにもアメリカの陽気な少年、たくましささえ感じさせる腕。

 その腕で彼は歩き、走り、跳ぶ。

 スケボーに乗って。

 本人の努力はもちろんなのですが、家族がすばらしい。

 また、ご近所さんたちも。

 周囲の環境(特に人的な環境)がどうあるか、というのは、ハンディキャップを持つ持たないにかかわらず、子どもにとって、とても大切だと思います。

 世の中には思い通りに行かないことも多いけれど、チャレンジするに値する。

 世の中にはいろいろな人がいて、自分が好きな人も嫌いな人もいるように、自分を好きな人も嫌いな人もいる。

 誰かに助けられて、誰かを助けて、生きていくのが人生なのだ。

 と、子どもたちは学んでいくのですから。

良いせっけん、といえば・・・

f:id:ttamamo:20210725193909j:plain

牛乳石鹸

 こんにちは。

 T・たまもです。

 私は、とても乾燥肌です。

 どれくらい乾燥肌かというと、コドモのときから手指にささくれのなかった時がありません。

 また、顔はどんなに化粧品で保湿しても、ファンデーションを塗った瞬間に粉が吹く始末。

 お肌を綺麗に見せるためにファンデを塗るのに、かえって荒れが目立つという悲しいお肌。

 で、クレンジングすると化粧水をつけるまでにつっぱり感があるので、石鹸とクレンジング剤については、ながらく放浪していた状態でした。

 お高いのも使ったりしましたよ。

 そして、何使っても変わらないなら、と、おそるおそる顔に使ってみた牛乳石鹸

 牛さんがリアル。

 昔と変わらないパッケージ、と思っていたけど、何度か変わっているんですね。

 お高いのと全然変わらぬ使い心地。

 しかも粉が吹かない。

 最近はあまりファンデを使わなくなったし、乾燥に良いという甘酒なんぞも飲んでいるのでそのせいもあるのでしょうが、粉が吹きません。

 手指のささくれはまだありますが、牛乳石鹸恐るべし。

建築の「日本的な美」の原型は・・・? 中村真一郎「伝統」その2

 こんにちは。

 T・たまもです。

 中村真一郎の評論、「伝統」を取りあげています。

 昨日は、日本の西洋建築が実は非常に日本的な、「折衷主義の」「自然発生的な」「雑多な」特徴を持っていることを論じたところまでお話ししました。

 さて、さらに中村さんは建築の「日本的な美」の原型は寝殿造り、「王朝の美」ではないか、と仮定しています。

 その後裔が簡素の極致「桂離宮」と、華麗の極致「日光東照宮」だと。

 現代のビル群に見られる無邪気さ、繊細さ、優雅さもまた、後裔の一つの形ではないか、と中村さんは結んでいます。

 それが、たとえコンクリートでできていても。

 最新の技術を使っていても。

 この文章は昭和45年の発表。

 50年も前の作品とは思えない示唆に富んだ文章です。

 

 

 ガラパゴス化、という言葉も浮かんだたまもです。

 日本人は輸入したモノ、コトを日本的美感によって濾過してしまう。

 それは「洗練」になることもあれば「歪曲」になることもある。

 日本では、今や畳のない家も当たり前となり、トイレも洋式便座、台所はクッションフロアにシステムキッチン。

 それでも土足で室内は歩かず、便座には洗浄機をつけ、炊飯器は必ず置いている。

 それを「混乱」ととるか、「ハイブリッド」ととるか。

 

今日、朝日新聞で新国立競技場についての論考を読んでいました。

そうしたら、「日本はアイコン的に際立つ建築を好まないのかもしれない」というようなことばがありました。

 最初のザハ案が一般に不評だったことを受けての言葉だったと思います。

 ああ、なるほど、日本人には名古屋城のような建築は受け入れても、ザハ案のような建築は違和感があるのだな・・・と思いました。

まだまだ、建築で日本論が書けそうです。

 

日本の西洋建築は全く日本的・・・? 中村真一郎「伝統」その1

 こんにちは。

 T・たまもです。

 

 今回は、中村真一郎の評論「伝統」を取りあげてみましょう。

 改めて読んでみて、まあ、ずいぶん歯ごたえのある文章をやっていたのね、と、若き日の自分と高校生に感心してしまいます。

 この「伝統」は、建築論なのですが、日本論です。

 大学入試で出やすいとされる評論のテーマの一つ。

 日本論は基本的に西洋との対比で展開することがほとんどです。

 だれでもやったことがあるでしょう、「水の東西」。

 あんな感じです。

 中村真一郎は、小説家、評論家、脚本家、詩人と多彩な活躍をした方です。

 私は、詩人として中村さんを知ったのですが。


 本文は、ヨーロッパで暮らしていた友人が、帰国してきて、日本の西洋建築が

「全く日本的で驚いた」

と感想を述べたというところから始まります。

 中村さんは、日本の近代的建築物を

「西洋の直輸入」

と信じ切っていたので、逆にびっくりします。

 というより、友人の感想を聞いて、自分の中にある何の根拠もない思い込みに気づかされた、というべきでしょう。

 そこから、中村さんの「日本の洋風建築」についての考察が始まります。

 

 明治初年、建築にとどまらず、風俗や政治形態や工業から兵制から、日本は西洋の模倣をしていました。

 日本が西洋列強に対抗するために明治政府が取った政策です。

 そのために日本の近代化がある意味偏ってしまって、また別の問題も引き起こすわけで、それは近代日本の大きな論点となります。


 本文に話を戻しましょう。

 建築に話を限れば、明治初年の「西洋の完全な模倣」は時代と大衆の要求によって、よく言えば折衷主義、悪く言えば中途半端になってしまった。

 しかも、第二次大戦で破壊されたその建築は「再建」されるのではなく別のものを作るという形で「復興」した。

 西洋の都市建築は

「計画的」「統一性」、日本の都市建築は

「自然発生的」「雑多」というキーワードが有ります。

 そして絶えず新しい建物の建築で様相を変えている・・・。

 私はこの部分を読んだ時、「普請中」という言葉が浮かびました。

 そう、森鴎外の小説にありましたよね、

「日本はまだ普請中」。

 日本は個人主義が根付かないと言いつつ、都市全体のデザインのようなところには計画を立てず個人に任せるところがあるのでしょうか。

 つづく。

人を呪わば穴二つ・・・読書の時間「呪いの言葉の解き方」

 こんにちは。

 T・たまもです。

 今日ご紹介する本は、評論。


上西充子「呪いの言葉の解き方」晶文社

 

 安倍晴明が「呪(しゅ)」とは、相手を縛る言葉だ、と、言っていました。

 岡野玲子さんのマンガ、「陰陽師」の中だったと思います。

 原作の小説にもあったセリフなのかは、定かではありません。

 その場面の絵がとっても印象的だったのです。

 だって、相方の博雅クンが、自分の名前を「呪」に使われて、文字通り呪縛されて動けなくなっていたんですもの。

 

 名付ける、ということが「呪(のろ)い」の始まり。

 つまり相手を「山田さん」とか「日本人」とか「今どきの若い者」というようなくくりに縛り付けるものだとすれば、いずれそれは「行いのあり方」にも広がってくる。

 現在、過去、未来すべてに渡って。

「母親がしっかりしないと」

「男なら泣くな」

「そんなことやって何の役に立つの」等々。

 それは、たまに「魔法の呪文」として相手を鼓舞する救いの言葉として作用することもある。

 ほんとに、たま~に。

 たいがいの場合は、劣悪な環境やずさんなシステムや悪意を棚にあげているだけ。

 なのに、

「私は母親失格なんだ」

「オレはダメ男だ」

「役に立たないのはダメなんだ」

 と相手に思わせる。

 

 「呪いの言葉」という名付け、これもいわば「呪」なのですが。

 斬新な発見です。

 

 人を呪わば穴二つ。

 他人様に呪いをかける時は呪詛返しされることを覚悟なさいませ。

 上西さんは、そこまでは言ってない。

 やんわりと呪いを解く言葉をお返しなさい、くらい。